自動販売機を設置するためにはどうすればいいの?

>

専業オペレーターと自動販売機設置のまとめ

自動販売機専門メーカーについて

「専業オペレーター」は、自動販売機の管理や運営を行うことを専門にした企業になります。つまり、中身の飲料は製造・販売していません。

そこで、専業オペレーターは、飲料メーカーから中身の飲料を仕入れ、その売り上げに応じて、オーナーに対し、手数料を支払うというシステムを取って企業経営しています。

また、専業オペレーターは、いろいろなメーカーの飲料(専業オペレーターの専門自動販売機)だけではなく、いくつかの飲料メーカーの自動販売機と契約している場合があります。

その場合だと、それらの飲料メーカーの自動販売機の中から、どのブランドにするのかを選択することが可能です。ちなみに関東では、八洋やユカが専業オペレーターとして有名です。

自動販売機を設置するための方法のまとめ

自動販売機の設置には、「自動販売機を一括して運営するフルオペレーター型」と「オーナー自身が運営を行うセミオペレーター型」があります。

そして自動販売機には、「飲料メーカーが運営しているタイプ」と「専業オペレーターと呼ばれている、自動販売機運営専門会社が運営しているタイプ」があります。

どちらのタイプにもメリットとデメリットがあります。例えばフルオペレーター型なら楽ではありますが、売り上げ手数料はより多く差し引かれます。

対するセミオペレーター型は、運営は大変ですが、売り上げを自分のものにすることが可能です。

また、飲料メーカーの自動販売機は、一定の顧客が見込まれますが、その飲料メーカーの商品しか入っていません。

一方専業オペレーターは、いろいろな飲料業者の商品が入っているが故に、売り上げがあるかもしれないし、逆に売り上げが見込めない可能性があり、売り上げが読みづらいという可能性があるかもしれません。


この記事をシェアする
▲ PageTop